養育費の請求や支払いを拒否する方法はありますか?

ありません。

養育費は、離婚後、収入が落ちても拒否できません。

破産しても逃れることもできません。ただ、金額を下げてもらうことは調停の手続きなどを経ることで可能な場合もあります。

執筆者:弁護士 呉裕麻(おー ゆうま)
1979年 東京都生まれ
2002年 早稲田大学法学部卒業
2006年 司法試験合格
2008年 岡山弁護士会に登録
2013年 岡山中庄架け橋法律事務所開所
2015年 弁護士法人に組織変更
2022年 弁護士法人岡山香川架け橋法律事務所に商号変更
タイトルとURLをコピーしました