【ブログ - ワタシをミカタに】 阿武町の事件と法律問題
【トピックス】You Tubeチャンネル開設のお知らせ

受任分野

不倫慰謝料(請求される側)

ある日突然、交際相手の配偶者が自宅に乗り込んできた。もしくは弁護士から内容証明郵便が送られてきた。

そのような事態に対して冷静に対処ができないもしくはこちらの言い分をしっかりと相手方に伝え、事実に基づく納得のいく結論を得たい。

そのような場合、こちらもまた弁護士に相談し、場合によっては依頼をした上で解決のために進むことが望ましいと言えます。

とりわけ、相手方による不当な自宅や会社への訪問や、過剰な慰謝料請求などに対しては毅然とした対応が必要です。また、そもそも既婚者と知らず関係を持ったなど慰謝料事由を否定したいケースもあるかと思います。

これらの問題はいずれも法的な観点からの解決が可能です。経験のある弁護士によるしっかりとしたサポートでの解決がおすすめです。

 

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約