【ブログ - ワタシをミカタに】 書き込みした加害者に開示の費用を請求できるか?
【トピックス】ZOOMを利用しての非来所型法律相談の実施について

弁護士費用

【Case7:離婚】離婚の成立と財産(預金、保険、自動車)分与

離婚調停にて離婚と財産分与の合意が成立したケース。夫婦共有財産として、

  1. 自宅(オーバーローン)
  2. 預金(夫婦で計600万円)
  3. 保険(夫婦で解約返戻金250万円)
  4. 自動車2台(評価額について1台は150万円、もう1台は30万円)

があり、うち1については相手方がローンと共に取得することとして財産分与から外し、2~4の合計額を折半しました。その結果、

600万円+250万円+150万円+30万円=1030万円

を二人で半分ずつに分けることとなり、515万円ずつを財産分与として受け取りました。

着手金

着手金
1、離婚調停 36万3千円

報酬

報酬
(計算方法)
1、離婚成立 36万3千円
2、財産分与
(特有財産除く)
28万3千250円
(515万円×5.5%)
【合計】 64万6千250円
(1+2)

着手金と報酬の総額

金額
着手金 36万3千円
報酬 64万6千250円
【総額】 100万9千250円

(税込)

_THEME_LANG_CANUSEPAYPAY
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約