【ブログ - ワタシをミカタに】 「財布は別」な夫婦の財産分与について考える
【トピックス】4月の相談予定表について

弁護士費用

【Case6:離婚】住宅ローンの処理を協議

離婚調停にて財産分与の合意が成立したケース。主な財産としては、住宅ローンの残った住宅だけであり、その処理が問題となった事案です。具体的には、婚姻中に購入した住宅について、夫名義のローンが残っており、住宅の査定額がローン額を下回ることから、住宅とそのローンの処理について協議を重ねました。結果的に、住宅もローンも夫が取得することとなり、妻は負債を引き継がない形での処理となりました。

調停を通じて約10カ月で解決した事案です。

着手金

着手金
1、離婚調停 33万円

報酬

報酬
1、離婚成立 33万円

着手金と報酬の総額

金額
着手金 33万円
報酬 33万円
【総額】 66万円

(税込)

_THEME_LANG_CANUSEPAYPAY
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約