【ブログ - ワタシをミカタに】 「財布は別」な夫婦の財産分与について考える
【トピックス】4月の相談予定表について

弁護士費用

【Case5:離婚】親権の獲得と財産分与

離婚調停及び離婚訴訟にて親権と財産分与が争われたケース。親権について、相手方からかなり激しい主張がありましたが、結果的にこちらの言い分が認められました。また財産分与に関し、相手方が主張していた特有財産の主張が排斥されたケースです。相手方は、1億4千万円の財産のうち大半は特有財産であると主張しましたが、いずれも排斥されました。その結果、財産分与としては1億4千万円を二人で半分ずつに分けることとなり、7000万円ずつを財産分与として受け取りました。結果、離婚の成立、親権の獲得と7000万円の財産の確保が出来た事案です。

相手方が調停の呼び出しにも応じず、何度も期日を重ねたこと、不当な言い分に固執し、その反論のために相当周到な準備が必要であったこと、親権についても徹底的に争うなどしてきたことから、解決に5年程度の期間を要した事案です。

着手金

着手金
1、離婚調停 33万円
2、離婚訴訟 52万8千円

報酬

報酬
(計算方法)
1、離婚成立 52万8千円
2、親権の確保 52万8千円
3、財産分与 385万円
(7000万円×5.5%)
【合計】 490万6千円
(1+2+3)

着手金と報酬の総額

金額
着手金 85万8千円
報酬 490万6千円
【総額】 576万4千円

(税込)

_THEME_LANG_CANUSEPAYPAY
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約