【ブログ - ワタシをミカタに】 子ども名義財産は誰のもの?~財産分与の実務的処理~
【トピックス】11月の相談予定表について

弁護士費用

【Case3:離婚】離婚の成立と財産の確保

離婚調停にて財産分与の合意が成立したケース。特に、特有財産の主張が認められた事案です。2000万円の財産のうち600万円は特有財産であると主張し、これが認められました。その結果、財産分与としては2000万円-600万円=1400万円を二人で半分ずつに分けることとなり、700万円ずつを財産分与として受け取りました。これと別に特有財産600万円を確保することができました。結果、離婚の成立と1300万円の財産の確保が出来た事案です。

当事者間での協議で折り合いがつかず、弁護士介入の上、約1年かけて上記合意に至りました。

着手金

着手金
1、離婚調停 33万円

報酬

報酬
(計算方法)
1、離婚成立 33万円
2、財産分与
(特有財産除く)
38万5千円
(700万円×5.5%)
3、財産分与
(特有財産分)
33万円
(600万円×5.5%)
【合計】 104万5千円
(1+2+3)

着手金と報酬の総額

金額
着手金 33万円
報酬 104万5千円
【総額】 137万5千円

(税込)

_THEME_LANG_CANUSEPAYPAY
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約