【相談会】1月の相談会
【トピックス】1月の相談予定表と年末年始の営業について

ブログ-呉先生と呼ばないで

せっかち

2019-1-18 12:45

相変わらずせっかちな自分です。

最近のせっかちストーリー×3をご紹介します。

 

☆せっかち①☆

クリーニング屋さんにクリーニングを出して、お金を払い、預けていたシャツを受け取る。

店員さんはせっせと今回預けたシャツの伝票を用意しているのに、もう用は済んだと思い、退店しようとする。。。

店員さんが慌てて伝票を差し出す。

→きちんと受け取るものは受け取って帰りましょう。

 

☆せっかち②☆

寝床に入り、就寝する。もう朝だ!と思い、時計を見るとまだ2時30分だった。。。

→以前にもありました。しっかり朝まで寝ましょう。体に良くありません。。。

 

☆せっかち③☆

お客さんがまだ事務所に来ておらず、相談室も空なのに、事件記録等を持ってノックして入る。当然、誰もいないので自分の席に戻る。。。

事務職員は、唖然とする。。。

→お客さんが来たのを確認してから打ち合わせに入りましょう。誰もいなければ打ち合わせしようがありません。

 

さあ、今年もあと11カ月しかありません!思い残しのないようにがんばりましょう!

 

 

 

  • トラックバック (0)

今年の目標

2019-1-16 17:21

まだ、1月なので、今年の目標を立てなきゃいけません。

もうすぐ2月です。2月になって今年の目標を立てたら遅いです(持論)。

ですが、何だかんだでまだ今年の目標を立てられていません(焦)。

でも、少しずつ自分なりに煮詰めており、もう間もなく立てる予定です(あくまで予定)。

ただ、公開はしません(恥ずかしいから)。

 

なんてことない、独り言ですが、毎年必ず自分の「目標」を立てています。

 

なにか目標に向かって頑張ること

それを何とか達成すること

達成しなくてもクヨクヨせず次に活かすこと

 

そうやって日々を過ごすことが好きです。

  • トラックバック (0)

南青山の件

2019-1-10 9:03

南青山の件、だいぶ紛糾しました。どうしてこんなことになったのか、私個人としてはとても残念な気持ちでいっぱいです。

「南青山のブランド価値が下がる」という趣旨の反対意見があるようです。

 

しかし、「ブランド」って何でしょうか?

ブランドとは元々は何かと何かの識別のためのものです。古くは家畜の所属を明らかにする烙印のことでした。現代では、あるメーカーや、製品に付された識別符号です。

 

南青山にブランド価値があるかどうかは私は知りませんが、少なくともブランドというものを本当に大切にする人は、そのブランドをこれ見よがしにアピールすることはないと思っています。

 

これはブランドを作る側のメーカーもきっとそうです。

「うちのブランドは価値がある!」とか「うちのブランドは凄い!」とか言わないと思うのです。

 

なので、私は、「南青山はブランドだ!これを傷つけるから児相は反対!」と大声を上げて言う方たちには、そもそもブランドが似合わないと思うのです。むしろ、このような声を上げる方々こそ、(あるのかどうかは分かりませんが)南青山のブランド価値を下げていると思います。

 

  • トラックバック (0)

初夢

2019-1-7 8:53

おはようございます。今日から2019年の営業開始です。

さて、今年の初夢、もう見ましたか??私はさっそく見ました!でも、、、その内容はちょっとイマイチでした、、、

 

。。。以下、呉の初夢の内容。。。

①呉→今年、何を思ったか副業を始めることを決意する。

②何も経験のないものよりも、経験のあるものが良いと思い、学生時代にアルバイトしていたマックに応募する。

③無事に採用され、いざ店舗で働くものの、フライドポテトすらまともに揚げられず、苦労する。しかも、指示されていた油の交換をスッカリ忘れる(呉、落ち込む)。

④ポテトがダメなら、バーガーを作れ!と指示され、チャレンジする。しかし、過去のバイト経験が全く活かされず、大失敗を繰り返す(呉、さらにひどく落ち込む。)。

⑤途中、「自分は過去にマックで働いていた!マネージャーもしていた!」と豪語していたことを恥ずかしく思う、

⑥夢から覚める、、、

 

 

いやー。最悪な初夢ですね。

 

それでも、自分にとってマクドナルドでのバイトって人生初の就労経験なのですが、きっと「初心を忘れず、慣れに慢心せず、基本に従って今年も頑張れ!」という暗示なのだと受け止めることにしました。

今年も前向きに頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

  • トラックバック (0)

燃え尽きる

2018-12-27 14:55

怒涛の12月が終わりつつあります。もちろん、2018年の終わりでもあります。

とても忙しい1年(特にこの12月)で、燃え尽きた感もあります。

今年も様々な案件、多数の案件を対応させて頂きました。至らぬ点もあったかと思いますが、私なりに、事務所なりに精一杯の対応を心掛けさせて頂いたつもりです。

明日で今年の営業も終わりますが、関わってくださった皆様に心から感謝いたします。

来年もまた多くの出来事があると思います。年末年始でリフレッシュし、年明けから全力で駆け抜けて行こうと思います。

それではどうぞよいお年をお迎えください。

  • トラックバック (0)

念願叶う?

2018-12-20 14:58

ちょっと前から集めているJALの「ご当地シール」ですが、なかなかここ岡山のシールに巡り合えません。

いつも使うのは岡山発着便なので、岡山が地元のCAさんが多いと思いきや、そうでもないようです。

 

そんな中、先日も諦めずに「ご当地シールください」とお願いすると、その方が「ワタクシハ 〇カヤマの出身でゴザイマス。」と言いながら、シールを下さいました。

内心、「ヤッター、オカヤマゲット!」と喜びつつ受け取ると、

「ワカヤマ」のシールだったのです。

 

機内のジェット音のため、良く聞こえなかったのですね。

(ところでこの「オカヤマ」と「ワカヤマ」の聞き間違いは、日常良くあることで、たとえば、電話で県外の方に「オカヤマ」と伝えると、「ワカヤマ」と間違う方も多々あります。)

 

ちょっとションボリしつつ、他にもゲットしたシールを見ていたら、なんと京都のシールがありました。

ご当地シールは、各県の有名観光地などを図柄にしているので、「観光地だらけの京都のシールはどんな図柄なのか?」とずっと気になっていたのです。

そして、頂いた京都のシールですが、図柄は、、、清水寺でも金閣寺でもなく、、、

渡月橋

でした。

 

へー。と感心しながら、その日は「〇カヤマ」まで帰りました。

 

*ちなみに、現在集まったのは、18/47都道府県です。

 

 

 

  • トラックバック (0)

ふりかえる

2018-12-18 12:43

年末の今日、この一年の自分の目標を振り返ってみました。

当然のことながら(?)目標達成に至っておらず、、、

いつくかの目標を立てましたが、達成できたものがございません。

 

言い訳になりますが、そもそもの目標設定が高すぎると思いました。

目標があれば人は成長するとの信念のもと、高い目標を立てましたが、どうにも高過ぎました。

 

でも、来年も引き続きやはり高い目標を立てるでしょう。

なぜなら、高い目標であっても、「実現できる」と信じて動き続ければきっと叶うから!

 

なので来年も「決して諦めない呉裕麻」を貫きます!

 

  • トラックバック (0)

あと2週間!

2018-12-17 19:04

年末です!

もうあと2週間です!

 

忙しい!!!

 

でもまだまだやることはたくさんある!

 

そうです。最後まで駆け抜けます!

がんばります!

 

  • トラックバック (0)

もっと寒かった?

2018-12-11 14:28

おそらく。今日は今年度の冬一番の寒さだと思います(体感値)。

やっと寒くなったので余計に寒く感じますが、たしか去年はもっとずっと寒かったと思います(記憶)。

 

でも、体感値も記憶もいかにも曖昧で、「去年はもっと寒かったよね?」なんて会話をしても、多くの人は「うーん。そうでしたっけ?今日が一番寒いと思う!」なんて調子です。

 

いやいや、私の記憶では昨年度の冬は大寒波に次ぐ大寒波だったと思うのですが、、、

実際、余りの寒さに冬布団を慌てて買い替えた(グレードアップ)記憶があります。

 

結局、人の記憶なんて頼りになりません。何か具体的な形に残るモノとくっつけないと何でもかんでも記憶は薄れます。

しかも人の記憶は基本的に辛いことを忘れる方向に作用しますから余計です。

 

なので繰り返し言いますが、「去年の方がもっともっと寒かった!」

ついでに、「今年の夏は猛暑だった!」

とお伝えしておきます。

 

 

 

 

 

  • トラックバック (0)

OSとソフト

2018-12-6 16:08

最近、とある学校の先生の

「子育ての役割分担については、家庭内で子どもの心や体の健康、人間性を作って欲しい。学校では、それを前提に、個別教科などを教えるのが目的である。ここをはき違えて、家庭で個別の科目の学習に力を入れて、心身の健康や人間性を育てることをしない家庭がある。それどころか、学校にこれらを求める親もいる。しかしそれは教育の役割を見誤ったものであり、大いに問題がある。」

という趣旨の論考を読みました。

 

非常に納得しました。

論考では引き続き

「このことをパソコンに例えると、家庭教育は、パソコンのOSのバージョンアップに相当し、学校教育はパソコンのソフトやアプリのバージョンアップに相当する。いくらすぐれたソフトやアプリがあっても、土台となるOSが使い物にならないようであれば、そのソフトやアプリもまったく役に立たない。」

とありました。

 

うーん。鋭いし分かりやすい。

たしかにいくら勉強ばかりを詰め込んでも、子ども自身がそれを受け入れる状態になっていないと意味がありません。

とかく子どもの教育については詰め込み主義が問題となっていますが、そもそも何のために教育をするのか、その教育の意図はどこにあるのか、再考が必要だと思います。

 

社会に出てからも、人間としての基本(コミュニケーション能力、社会性、常識、思いやりなど)がしっかり出来ている人は、その後も会社で多くのこと(↑で言うところのソフトやアプリに相当する)を吸収し、どんどん伸びていくことでしょう。

 

他方で、人間としての基本がなっていなければ、社会ではそもそも大切な役回りやポジションを任されることはありません。なので、いくらスキルがあっても結局は発揮できないこともあるでしょう。

 

そうすると、長い目で見ると、子どものころからしっかりとした基本教育を家庭で受けていれば、大人になってからも次々に新しい挑戦をし、どんどんと成長ができるものと思います。

 

  • トラックバック (0)
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約