【相談会】11月の無料相談会について
【トピックス】11月の相談予定表

ブログ-呉先生と呼ばないで

もう、食べられません。

2018-11-14 17:02

今年3月8日に、「もう、隠れられない。」というブログを書きました。

隠れた名店が、いつの間にか人気店になっていたお話しでした。

結局、その時も満席過ぎて食べることはできなかったのですが、つい先週、たまたま開店時間(11時30分)ジャストにその近くを通りかかったため、久しぶりに行ってみたのです。

 

当然、「開店時間だからすぐ入れるに違いない」との読みです。

 

ところが!

なんと!

 

開店直後から(ほぼ)満席ではないですか。

 

もはや超人気店です。満席の状態で待って食べるほどの時間はなかったのでこの時もまた泣く泣くあきらめました。

 

その翌週の今日、再度たまたまお昼ごろにそのお店の近くに来る用がありました。

さすがにこう何度も何度も満席状態が続くので今日は初めからこのお店に行くこと自体を諦めていました。

 

すると、やっぱり満席+行列でした。

案件が終わって午後2時ころになってもそのまま満席+行列の状態を見て、私は確信したのです。

 

「きっと、自分はもうこのお店で美味しい美味しい味噌ラーメンをもう食べることはできないだろう。。。」

 

そうなんです。

岡山では珍しい味噌ラーメンの超人気店なのでした。でも今回も店名は書きません。書いたらきっともっと、行列が伸びてしまうので!

 

 

 

  • トラックバック (0)

「うどん専用」検索ツール

2018-11-7 17:10

うどん県の香川では、ネット検索も「うどん専用」になるようです。

というのも、今日、案件で高松の裁判所に出向いた際、待合でネット検索しようと思ったら、次のような検索候補表示がされることが分かったのです。

 

。。。

①「う」と入力すると→「うどん」というワードが検索の第一候補に表示される。

②「うま」と入力すると→「うまいうどん屋」と表示。

「う」と打てばまずは「うどん」の県民よ。「うま」と打てば「うまいうどん」が頭に浮かぶ。

 

 

こうして、たまたま①、②に気づき、調子にのって次々、ワードを変えて試してみました。

 

 

③「おい」→「おいしいうどん屋さん」

④「まず」→「まずいうどん屋」

うーん。おいしいうどんを食べたい。当然、まずいうどんは食べたくない。そんな県民性が見えました。おいしいうどん屋には「さん」をつけ、まずいとつけない微妙な心理も、、、

 

⑤「ちか」→「近くのうどん屋」

ううむ。おいしい、まずいに続いて今度は、とにかく近くのうどん屋を求める県民性が伝わります!「イイネ!」

 

さらにさらにワードを入力すると、、、

⑥「やす」→「やすなみうどん」

⑦「たか」→「たかやうどん」

との候補表示が!

 

私の予想では「やすいうどん屋」とか「たかいうどん屋」が表示されると思ったのに、異なりました。

値段のことよりも「どのうどん屋か?」を重視するのが県民性でしょうか?それとも、「讃岐うどんは安くて当たり前!」なので値段を検索する県民は不在なのでしょうか??

 

飽き足らず続けました。。。

⑧「たに」→「谷川米穀店」

⑨「なか」→「なかむらうどん」

これは予想通りの超有名店です。いずれもすぐに候補表示されました。

 

こんな感じで、どうやら香川県内でグーグル検索すると、うどんのことが優先的に検索できることが分かりました。おそるべし香川。おそるべしグーグル。

 

*試しに倉敷の事務所に戻って同様のキーワードで検索したらまったく違うワードが候補表示されました。おそるべしGPS!ですね。。。

 

  • トラックバック (0)

解放されたい

2018-11-6 8:06

つい先日のハロウィン大騒動を見て、ここ数日ずっと考えていました。

 

「どうして人はハロウィンで大胆な仮装をし、大胆な行動を起こすのか?」

 

いろいろ考えましたが、今の私の結論は

「解放されたいという心理が、仮装を通じて実現したもの」

というところに達しました。

 

解放の意味ですが、

まず第一に、「日常からの解放」を指します。

日々のストレスや窮屈な生活、ルールからの脱却、解放の手段としてハロウィンの仮装が使われている。仮装し、集団となることで非日常を味わい、日常を忘れる。

そのことによって日常から解放された気分に浸り高揚するのではないでしょうか。

 

第二に、「自分からの解放」を指します。

仮装することで、自分はもはや自分でなくなり、引っ込み思案の自分が大胆な行動(見知らぬ人に話しかけ、一緒に写真をとるなど)をとることができる。嫌いだった自分を忘れ、自由になれるのです。

 

そして、この二つの「解放」が掛け合わさることで、社会のルールや倫理、モラルからも逸脱し、もはや誰も抑えようのない暴徒のような行動すら起こしてしまうのです。

 

私の考えとしては、ハロウィンなるものを仮装して町で楽しむことは多いに結構だと思います。

しかし、そこで得られる「解放」は、あくまで他人への迷惑や、モラル、社会のルールに反してはならないことを当然の前提とすべきです。これができないのであれば今後のハロウィンは法律で規制される方向で進むことでしょう。

 

人は誰でも日常や社会、ルールやモラル、そして自分から解放されたいと思いながら生きています。

そして、時には羽目を外すこと、気分転換を図ることも必要かもしれません。そのためのツールとしては、歌を歌う、山に登る、旅に出る、スポーツをする、読書をするなどいろいろな方法があります。

それにもかかわらず、降って湧いたようなイベントごとに集団で参加し、他人に迷惑をかけるなど、到底許されるものではなく、昨今の「行き過ぎた」ハロウィン行事には賛成できません。

 

 

 

 

 

  • トラックバック (0)

讃岐うどんは自由だ!

2018-11-1 8:08

讃岐うどんが大好きです。とりわけセルフタイプのお店が大好きです。

讃岐うどんは、かけ、ひやかけ、釜揚げ、湯だめ、釜玉、ぶっかけ、醤油など非常に多くのメニューがあります。ダシの温冷、うどんの温冷も自由自在です。

大きさも小、中、大、特大と、自分の好きなように選べます。

 

加えてトッピングの天ぷらやおにぎり、いなりも多種多様です

さらには薬味(ネギ、天かす、ショウガ、おろし)も自分で好きなだけ選んで盛ることができます。

店舗によってはダシも自分で好きなだけ注いだりします。

 

こうして、その日の気分に応じて人のことなど気にせず自分が好きなうどんを選び、好きなトッピングを選び、好きなだけ薬味をかけて好きなように食べることができるのです。

だから私はセルフタイプの讃岐うどんが好きなのです。

 

つい先日、薬味のネギを山盛りにして食べる食べ方は讃岐うどんの出汁の風味を損なうので望ましくないというSNSの投稿が話題となりました。

しかし、今日私の入ったセルフ店(@高松市内)で見かけた方は、山盛りも山盛り(例えるなら富士山くらいか)にネギを載せて(もはやうどんが見えない。)、美味しそうに召し上がっていました(食べる様子をずっとチラ見していましたが、途中、ネギだけを箸で山盛り掴んでダシに浸して食べておられました。余程のネギ好きでしょうね。)。

別の女性の器にも、先ほどの男性ほどではないにしてもやっぱり山盛り(例えるなら讃岐富士くらいか)のネギをかけておられました。

 

結局讃岐うどんのいいところのひとつは、自分の好きなように好きなうどんを好きな食べ方で好きなだけ食べられるというところにあるのだと思います。

私は何よりも、こうした「自分のことは自分で決める」というスタイルが大好きなのです。

 

  • トラックバック (0)

不完全な美

2018-10-25 16:45

芸術にはまったく疎いのですが、綺麗なものに対する興味はあります。

つい先日、偶然撮った花の写真が綺麗だったので、パソコンのデスクトップの背景にしてみました。

この間、新しいパソコンにしてからずっと、もともとインストールされていた画像を張り付けていたのですが、やっと変更したのです。

というのも、パソコンのデスクトップって意外と他人の目に入るので、あまり個人的過ぎる画像を待ち受けに出来ないので「無難な」写真ってなかなか無いと言えば無いのです。

 

ところでタイトルにした「不完全な美」の意味ですが、待ち受けにした花の写真には、いくつか花が写っていて、一つは「ほぼ満開」、いくつかは「咲き始めもしくは咲き終わり」、残るは「蕾」という状態で、その上、満開の花も決して完璧は形ではなく、少し花びらの一部が萎れているようなものなのです。

 

この微妙さが気に入って、この度は待ち受けにしてみた次第です。花の美しさも決してすべてが綺麗に咲き揃っているだけではないのだと感じたのです。

このような考えは、花に限らず、人にも当てはまると思います。

 

人生いろいろ、人も色々。それぞれの人生のそれぞれのタイミングに、その時々の最高の美しさがあるのだと思います。

  • トラックバック (0)

ミックスフライ

2018-10-24 17:40

久しぶりに揚げ物食べました。

しかも「ミックスフライ」。

 

理由、、、

「すごくお腹が空いていたから」

です。。。

 

しかも、「カキフライ・エビフライ・アジフライ」のミックスだったんです。

そんなステキなミックスフライを注文しない理由がありません。

 

カキフライを頬張りながら秋を感じ、

アジフライを頬張りながら学生時代を思い出し(大学時代に、いつも通っていた定食屋のアジフライが大好きでした)、

エビフライを頬張りながら、「どうしてエビフライはフライの王様なのか?」を考えました。

 

ただ。

揚げたてのフライのお陰で、口の中火傷しました。。。

 

あー。

ミックスフライの罪深さ。

  • トラックバック (0)

はいとうん

2018-10-22 13:01

会話の相槌で、「はい」と「うん」があります。

「はい」は、丁寧な相槌で、「うん」は親密な間などで使われる相槌です。

 

このような「はい」と「うん」ですが、使い方によって結構様変わりします。

例えば

「はいはい」と答えると、軽い感じできちんと相手の話を聞いていないような印象を与えます。

「うんうん」と答えると、親しみを持ちながらも相手の話に共感している様子が伝わります。

 

「はい?」と語尾を上げると、一気に丁寧さよりも相手の話に疑問や不満を感じている様子が出ます。

「うん?」と語尾を上げると、やはり疑問の様子が伝わるでしょう。「はい?」の場合とは異なり、不満の様子はあまり伝わらないと思います。

 

「はいはいはい」と素早く三つ続ける返答は要注意です。相手の話に丁寧に傾聴するフリをしつつ、早く話の先をせかしたり、会話の終了を求めている様子が伝わります。

「うんうんうん」と続ける返答の場合は、「はいはいはい」と異なり、深い傾聴の様子が伝わるかもしれません。

 

 

「はーい」と伸ばした返事は間の抜けた感じで相手をバカにした印象です。

「うーん」という返事はあまり聞きませんが、「う~ん」となると、自分の悩みや迷いが伝わります。

 

 

ちょっとした違いのようですが、シチュエーションに応じた「はいとうん」の使い分けも大切に感じました。

 

 

 

  • トラックバック (0)

早く仕事を進める工夫

2018-10-19 8:52

毎日毎日、たくさんの仕事があります。

どんな会社でもきっと同じでしょう。

仕事に限らず、家事や育児もそうでしょう。

 

そして、誰でもきっと「早く仕事(家事)を片付けたい!」

と願い、かつそうしようとしていることでしょう。

 

私も当然同じです。

実際、仕事を早く進めるために、次のような工夫や心がけをしています。

 

①仕事を仕分ける→その日のタスクを明確にし(メモに書きだす)、優先順位をつけ、「自分にしかできないもの」と、「それ以外」に分け、「それ以外」は完全に他人に任せます。

②使える道具はすぐ導入する→いまどきPCは当然でしょう。その際、一番ハイスペックなもの導入します。また、その他最新IT機器なども積極導入します。

③即断即決を心掛ける→仕事を進める際の「迷い」は実は、時間浪費の元です。迷った際には初心にかえり、原理原則から考えて「即断即決」を目指します。

 

こうした工夫や心がけの結果、人の何倍もの仕事をこなすことが可能になります。当然、これは自分一人の成果ではありません。自分を助けてくれる、手伝ってくれる人やモノのお陰です。

 

なので、自分の周りにそのような環境を整えることが大切ですし、その環境に感謝し、大切にしなくてはなりません。

実はこれこそが仕事を早く進めるのに一番大切なことかもしれません。

  • トラックバック (0)

〇〇戦争

2018-10-17 12:39

企業や商品の開発やシェアや、競合他社とのお客を巡った争いを

「〇〇戦争」

と銘打つことがあります。

 

以前には、牛丼チェーンにより「牛丼戦争」なるものが言われ、コンビニにより「コーヒー戦争」なるものも言われました。

 

私は、割と家電や工作用品が好きなので、これら関連商品や店舗間競争なんかは興味を持って観察します。

最近では、コードレス掃除機で圧倒的人気の「ダイソン」(英)に対して、つい先日、日本に上陸した「シャークニンジャ」(米)なる商品が「コードレス掃除機戦争」を勃発させました。

 

両商品を比べてみれば、同じコードレス掃除機とはいえ、まったく訴求する方向性が異なっており、ダイソン派の私は今後のシェア争いが興味深いところです。

ちなみに、ネットやテレビで見ただけでもシャークニンジャの商品は私の好みではありません。ごちゃごちゃし過ぎており、「シンプルイズベスト」ではなく、好みでないのです。

 

工作用品に関しては、事務所の目の前がホームセンターという私にとって、1、2キロメートル先に出来た新しい競合他社のホームセンターが気になっていたところです。

ずっと行くきっかけがなかったのですが、ここ数日、事務所前のホームセンターが改装か何かで休業だったため、今日初めて他社の店舗に行きました。

 

店内は広く、明るく、取扱商品も豊富、、、

 

うーん。。。結構いいかも。。。

 

ということで、ひょっとしたら「ホームセンター戦争」の結果、私が殴り込みをかけた他社になびく可能性を(自ら)感じたところです。

 

ちなみに、当事務所近隣には(今のところ)、競合他社はございません。

 

 

 

  • トラックバック (0)

魅惑の10連休!

2018-10-15 16:01

諸般の事情から、来年のGWは10連休になるそうです。

新天皇の即位と不思議な不思議な「休日法」のおかげ(?)です。

いまから来年の10連休、どう過ごすか人それぞれのようです。

 

旅行業界はウハウハでしょうね。

官公庁や病院はお休みでしょうか?

おそらく私の事務所も10連休になることでしょう、、、

 

ところで誤解なきようお伝えしますが、

①休日法は、祝日→平日→祝日と続くと間の平日を「休日」にしてくれちゃう法律です。なので、祝日→金曜日→土曜日とか日曜日→月曜日→祝日でいうところの金曜日や月曜日は休日になりません。

 

②また、挟まれた平日を「休日」にしてくれるだけであり、挟まれた平日が「祝日」になるものでもありません(細かいですが、、、)

 

③さらに、来年の10連休の理由は上記のとおり、即位の儀式があるからですが、そのための祝日は、どうやら「来年限り」とのことのようです。

なので、再来年以降のGWについても、「10連休ビンゴ!」が実現することは(また別個の祝日でも生まれない限り)ありません。

 

*↑休日法(正式には「国民の祝日に関する法律」といいます。)について、手元の六法全書(超分厚い)にすら編綴されていませんでした。弁護士業界でも普段使わない法律です。

 

 

 

では、みなさんの来年の10連休が有意義でありますように。

  • トラックバック (0)
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約