【相談会】11月の無料相談会は28日です
【トピックス】弁護士募集のご案内

ブログ-呉先生と呼ばないで

出張で得たもの

2017-11-18 8:51

今回の出張は、早朝から夜遅くまで続く非常に大変なスケジュールでした。

 
とても疲れ、終わった頃にはグッタリしましたが、いろいろと得るものも多く、有益な出張となりました。
 
 
 
まず、これまで自分が知らなかった情報がいつか手に入りました。今後の活動に大いに役に立つと思われます。ただ、こんな重要な情報を知らなかった自分の情報収集能力を少し、悔やみました。
 
 
次に、これから先どのように取り組むべきか自分の中で先が見えなかった課題に対して、示唆に富むお話を聞くことができました。そのお話を聞く中で、何か一筋の光明が見えた気持ちになりとても勇気づけられました。
 
 
最後に、宿泊先は初めて使ったホテルだったのですが、今までいろいろ泊まったホテルの中でも自分の求めるものが多く揃っているホテルだと痛感し、非常に気に入りました。今後は出張のたびにこのホテルに泊まりたいと思うほど、様々なサービスが自分の求めるものにフィットしていると強く感じました。
 
 
このように今回は非常に疲れた反面とても有益な出張になりました。今日はゆっくり家に帰り、土日を過ごし、また月曜日からバリバリ働きたいと思います。
 
 
  • トラックバック (0)

片付けと出張

2017-11-17 10:31

なんとなーく、事務所の不用品を整理していたら、むかーし手に入れて、戸棚の奥にしまいっぱなしになっていた

「ムックリ」

というアイヌ民族の楽器が出てきました。

竹でできていて先っぽに紐がついている楽器で、口に挟んで竹を弾いたり、紐をビヨビヨ引っ張ったり緩めたりすることでいろいろな音が出るという楽器です。

 

もう10年近くも前に買ったもので、ずっと使ってもいなかったので「捨てようかな

?」と思いましたが、なぜか捨てられず、再度、戸棚にしまいました。

 

翌日、出張だったため飛行機に乗ったところ、機内放送をボケっと見ていたら、偶然にもタレントさんがアイヌ民族の民芸品屋さんを訪れて、「ムックリ」の使い方を習っている様子が映されていました。

何とも不思議な偶然です。おそらくこの「ムックリ」を知っている人自体、そう多くないと思いますが、私は二日連続で「ムックリ」と接するという体験をしたのです。

 

早朝の機内で、どうにも目の覚めるような気持ちになりました。

それにしても、前日に「もう使ってないから」と「ムックリ」を捨てていたら、その機内放送を見た時の受け止め方も少し異なっていたでしょう。

 

 

 

  • トラックバック (0)

可愛い勘違い

2017-11-15 8:23

以前、公園で見かけた女の子が、埃が目に入り痛そうにしていたことから目をパチパチしてごらんと えてあげたところ、「目」と「手」を聞き間違えて手をパチパチしていたという可愛い話についてブログに書きました。

 

今回も、たまたま似たような出来事があり、改めて微笑ましい気持ちになりました。

 

というのも、私はお風呂が好きでスーパー銭湯によく行くのですが、お風呂場で見かけた2歳くらいの男の子が、シャンプーの泡が目に入り、痛そうにしていたのです。

 

可愛そうだったので、私が

「目をパチパチしてごらん。」と言い、

お湯をかけてあげたのです。

 

そうすると、男の子は目をぎゅっとつぶったまま、前に差し出した両手を小さくパチパチとしたのです。

やはり、「目」と「手」を聞き違ってのことのようでした。

 

当然、手をパチパチするだけでは目の痛みは改善しません。

なので、その子は引き続きとても目が痛そうでしたが、私はその様子を見て、心から 微笑ましい気持ちになりました 。

 

子どもって本当に可愛いものですね。

 

  • トラックバック (0)

疑問

2017-11-10 14:29

政府の幼児教育無償化の概要が示されました。

①まずは、5歳児の幼稚園・保育園について、2019年度から無償化を実施(世帯収入問わず一律)

②その後、0~2歳児の保育園の無償化を実施(年収要件あり)

ということです。

 

疑問なのは、いったい誰のための政策なのか?ということ。

①の無償化は、世帯年収を要件としていません。そのため、収入の高い世帯ほど恩恵が大きい結果となります(保育園は年収に応じた利用料)。

②の無償化は、そもそも年収が低い世帯では、もともと保育料が無料もしくは低額です。そのため、無償化の恩恵は小さくなります。

 

さらに、根本的には、無償化によって、いったいどのような効果を期待できるのか、ということです。

政府は「人づくり革命」と題して改革を進めようとしていますが、幼保無償化によって、具体的に、どこの誰がどのように革命されるのでしょうか?

 

結局、「幼保無償化!」という一見、聞こえのよい説明をして表面的な人気取りをしているようにしか見えません。

 

疑問だらけなので誰か教えてください。

 

 

 

 

  • トラックバック (0)

血圧

2017-11-7 18:23

久ぶりに、血圧がカーッと上がるような気分になりました。

 

最近、以前ほどカーッとしなくなり、自分なりに

「大人になったナ」

と思っていたのですが、、、

 

どうやらまだまだ未熟なようです。。。

 

人生、いくつになっても成長できます。自分なりに血圧コントロールできる術も覚える必要がありますね。

 

ちなみに、上がり過ぎた血圧をアルコールで解消しようか迷いましたが、止めました。

どうにもきっと悪酔いしそうだったので。

 

血圧もアルコールも、コントロールが重要です。

 

  • トラックバック (0)

頑固なヤツ

2017-11-2 8:37

昨日べた褒めしたばかりの音声入力ですが、気が利くのは良いのですがある意味で頑固な側面があることに気がつきました 。

というのは、今朝、早速音声入力で準備書面を作っていたのですが、何回 入力を試しても意図しない 文字に直す言い回しがあったのです。

 

それは、

「そんなことは理由がない。」

と 音声入力をしようとすると、

 

どうしても

「そんなことはわけがない」

となるのです。

 

「理由と書いて訳」と読む。

ある意味気が利いています。

でも、何度試しても 直らず仕方なく手入力しました。

 

理由と書いてわけと読む。そのような口語体があることを認識し、 文章の体裁が口語調だったので理由との発音をわけと入力しているようなのです。

 

試しに、もうちょっと文語体で

「相手方の主張には理由がない。」

と発声した場合には、 理由は理由と入力されました。

 

気がきくのか、頑固なのか、賢いのか。。。

 

まさしく知能を持った音声入力とこれからもうまいこと付き合っていきたいと思います 。

  • トラックバック (0)

気の利くAI

2017-11-1 16:44

最近便利な音声入力にすっかり首ったけの私ですが、 あまりにもその性能の良さに驚くことがありました。

今日、音声入力を使って事務員宛に「 fax を確認してください」と入力しました 。

すると、音声入力の結果「 fax 」との記載ではなく「ファ××ス」と入力されたのです。

一瞬、誤認識、誤入力かと思いましたが、音声入力システムの機転(?)にすぐに気が付きました。

そうです。音声入力システムの方で気を利かせて、「禁止用語」と誤認識し、このような入力結果になったのです。

AI の能力の進化にただただ驚くばかりの毎日です。 

  • トラックバック (0)

グレーな気分

2017-10-31 8:25

せっかくの早起きがパソコンの不具合により台無しになりました。

というのも、先日からセキュリティソフトが原因でパソコンの動作がとても重かったのです。

そこで重いセキュリティソフトを止めて軽いセキュリティソフトに入れ替えをしました。

おかげでパソコンの動作はスムーズになってく、さくさくと作業が進むようになっていたのです。

ところが前のセキュリティソフトがきちんとアンインストールされていなかったようで昨日からどうにも2つのセキュリティソフトがお互いを邪魔しながら作動していたようなのです。

メールを開くにもword文書を開くにもすごく長い時間がかかりました。

この問題に気がつくまで丸一日ほどかかり、結局今朝になって重いセキュリティソフトを改めて確認してアンインストールしたところ、再度思うようにパソコンが作動するようになりました。

今朝はせっかく早起きして早く事務所に来たのに、おかげでこの作業のために1時間ほど費やしました。

せっかくの早起きがおかげさまで台無しになってしまいました朝から気分はグレーです。

 

ちょっと気分転換にコーヒーでも飲んで今日もいちにちがんばろうと思います。

 

 

  • トラックバック (0)

気分は金曜!

2017-10-27 10:50

最近、毎週木曜日になると、なぜか知らないけれど

 

「今日は金曜日だ!」

 

と誤解することが続いていました。


 

どうしてかずっとわからなかったのですが、昨日ふとその理由に気がつきました。

 

最近ちょっと忙しく、毎日12時間以上働いております。そのため月曜から木曜までで50時間前後働いていることとなります。

 

普通は1日8時間、週5日で合計40時間です。

 

多少残業があったとしても1日10時間として週5日合計50時間です。


 

そんな状況なため、すでに木曜までたっぷり働いていることから、木曜日の時点で既に気分は金曜日となってしまったようです、、、

 

忙しいのはいいことかもしれませんが、なんだか損しているような得しているようなよくわからない状況が続いています。



 

いずれにしても今日は金曜日です。今週も結局60時間以上は働いているようです。

 

ちなみに明日も朝から晩まで仕事です。

 
  • トラックバック (0)

役に立たない弁護士

2017-10-25 15:08

個人的には次のような弁護士は役に立たない弁護士だと思っています。

 

① やたらと物分りが良すぎる

② 全然理屈っぽくない

③ 気が弱い

 

依頼者の方からすると①のような弁護士は話をよく聞いて、よくわかってくれて良い弁護士と思うかもしれません。

 

しかし、本当は物分りが良すぎるのは問題です。なぜなら、相談者や依頼者の悩み痛み辛さなどは、弁護士といえどもそんな簡単に理解することはできないからです。

 

やたらと物分りが良い弁護士は、ある意味では相談者や依頼者の方のお話をわかったような顔をして聞いているだけにすぎないかもしれません。

 

むしろ、本当に相談者や依頼者の気持ちを理解しようと思えば、何度も何度も突っ込んで話を聞こうとするでしょうし、すぐにわかった顔はしないはずです。

 

物分りが良すぎることのもう一つの問題点は、弁護士が相手方や、相手方の弁護士から言われたことをすぐにうんうんと頷いてしまい、こちらの相談者や依頼者の意向に沿わない内容・結果でも安易に請け負ってしまう可能性があることです。

 

この場合、当然に不利なことですからやはりやたらと物分りが良すぎるのは本当に、本当に困りものです。


 

次に、②のような弁護士は法律の世界で生きていくには全く役に立たないと思います。

 

弁護士の仕事は法律や裁判例など、理屈を最重視される仕事です。

 

相手方との交渉や駆け引きにおいても理屈を伴わないやり取りは勝ち目がないと言っても過言ではありません。

 

当然、裁判をかけても理屈を伴わない裁判は勝ち目なしと言わざるを得ません。

 

なので、素人目にはこの弁護士は非常に理屈っぽいなぁと思ってもそのような弁護士の方が実は 駆け引きは有利に進めることができ、また、裁判所での受けもいいと言えます。


 

最後に、③のような弁護士はもはや依頼者、相談者の剣や盾となるべき存在である弁護士として全く機能していないと言えます。

 

交渉や裁判は、法律や証拠などの武器を使って、相手と戦い、相談者や依頼者の権利を勝ち取るものですが、いくら良い法律や証拠などの武器を持っていても、これらを使い、強い気持ちで相手方に向かって行くことができなければ当然勝ち目はありません。

 

なので③のような弁護士も、役に立たない弁護士と言わざるを得ません。


 

したがって、これらと逆の要素を持っている弁護士は役に立つ弁護士と言えますので 、弁護士選びの際の参考になさってみてください。

  • トラックバック (0)
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約