【相談会】10月の相談会は23日です。
【トピックス】10月の相談予定表を公開しました

法律の庭

刑事事件の裁判はどれくらいの期間がかかりますか?

刑事事件の裁判は、起訴された(される)事件の件数の数や、その事件の内容について認めているのか否か、予定している証人の人数はどの程度かなどにより必要な期間は異なってきます。

たとえば、起訴された事件が1件のみであり、かつ、その内容を被告人が全面的に認めており、証人も一人だけであるような場合には、1回目の裁判で証人尋問や論告弁論まで終え、2回目の裁判で判決の言い渡しとなるのが通常です。

期間としては、起訴後1か月程度で1回目の裁判が入り、1回目の裁判の後、1週間後ないし2週間程度で判決の言い渡し期日となります。

ほかには、起訴された件数が10件になるようで、かつその内容を否認しているような場合にはたくさんの証人尋問を実施することとなりますので裁判の期間としては1年以上かかることもあります。

 

 

関連記事

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約