【相談会】6月の相談会
【トピックス】6月の相談予定表を公開しました。

ブログ-呉先生と呼ばないで

好きな食べ物

2019-6-14 16:17

「好きな食べ物は何ですか?」

よく話題に上がりますが、自分にとっては考え出すと結構難しい質問です。

いつも聞かれて、すぐに答えを出せずにいるのですが、いつまでもそんなことではいけない!と思い(大げさ)、自分の好きな食べ物を改めて考えてみました。

 

以下、思い付いた順に書きます。

 

➀コンニャク→刺身こんにゃくが結構好きです。あったら全部食べます。

②イカ→焼くのも、刺身も好きです。これもやはり全部食べちゃいます。

③アサリ→酒蒸しでも味噌汁でも、パスタでもOK!これもやはり全部!

④タコ→刺身が一番。でもたこ焼きも良い。

⑤とうもろこし→茹でが一番好きです。子どものころは夏に毎日何本も食べました。今でも2本3本当たり前!

⑥ナス→天ぷらですね。うどん屋さん行ったら必ずチョイス。あとはマーボーナスや肉ナス炒め。ご飯が止まりません!

 

と。

 

いろいろ考えてみた結果、↑のようになりました。

それで、考えてみると、おそらく食感的に統一感があるようにも感じます。グニャグニャというかフニャフニャというか、ぷにぷにというか。

 

なので、何かグニャグニャ、フニャフニャ、ぷにぷにした食べ物を好むのが私の特徴のようです。

 

そう言われてみれば、ホルモンも好きでした。

なので人生最後には、「グニャグニャフニャフニャぷにぷにしたもの」を食べたいと思います。

 

 

  • トラックバック (0)

働き方改革~とある飲食店の場合~

2019-6-12 8:51

仕事を終えて、夕食をとって帰ろうと、とある飲食店に入りました。

入り口には、営業時間変更のお知らせがあり、従前より1時間、閉店が早くなり、22:00になったようです。また、ラストオーダーは閉店の30分前とありました。

 

席について一人、食事をしていたところ、来客がありましたが、店員さんは時計を示しながら「もうラストオーダーの時間が過ぎているのですみません。」とお断りをしていました。

店内の壁掛け時計を見ると確かに閉店のちょうど30分前の21:30。

 

個人的には、「時間ピッタリだから多少は融通をきかせて入れてあげたらいいのでは?」と思いましたが、とはいえ昨今の人手不足や働き方改革の方針からすると、ラストオーダーの時間をお店として厳密にすることが従業員のためなのかもしれないとも思いました。

 

お断りを受けたお客さんは、「えー!いまちょうど30分前で、それでも駄目なの?」との様子でしたが、店員さんの頑なな姿勢は変わらず、止む無く諦めていました。

その後も数組の来客すべてをお断りしていました。

 

そんなやりとりを眺めつつ、ふと気になり、自分の時計に目をやると、腕時計はまだ21:25。。。

「え!まだラストオーダーの時間より前じゃん!?」

と思い、腕時計が狂っているのかとスマホで確認。

 

すると、スマホでも同様の時間。。。

 

そんなことに気が付いてしまったので、店員さんに伝えるべきか、来客に伝えるべきか一人思い悩んでしまいました。

 

。。。

呉「すいません!さっきからラストオーダー30分前と言ってお客さんを断っていますが、まだ35分前です!お店の時計は狂ってます!お客さんを入れてあげてください!ささ、そちらのお客さんも中へどうぞどうぞ!」

。。。

 

いいえ。

ここまでは言えませんでした。あくまでお店の営業時間や勤怠管理は店内の時計で仕切られているはずなので。。。

 

そう自分の中で答えを見つけ、会計をして店を出ました。

 

しかし!

受け取ったレシートの打刻時間には、しっかりと

21:27

とありました。。。

 

今度、そのお店に行ったら、壁掛け時計を(こっそりと数分だけ)逆戻ししようかと思います。

 

  • トラックバック (0)

過去の自分を褒める

2019-6-10 18:03

打ち合わせのために事前準備(書面の作成)をしようと思い、該当のフォルダを開いた。

 

すると、、、今回作成を必要としていた書面の下書きが見つかった。

作成日を見るともう4カ月も前のものだった。

中身を見ると、かなりの仕上がり具合で、概ね95%ほどは仕上がっていた。

 

ということで、そこにあと5%の作業を加え、下準備を終えた。

 

過去の自分を心の中で褒めた!

 

同時に、四カ月も前に、仕事を仕上げていた自分の性格(せっかち)を再認識した!

  • トラックバック (0)

試着室のタイミング

2019-6-4 16:57

洋服屋さんで試着をする時、試着室を使いますが、表で店員さんが待っている時のタイミングって難しくないですか?

 

まだ履けてないのに、

表から

「いかがですかー?」と声をかけられ、

 

思わず、

「ちょうどいい感じです!」

だなんて嘘ついたり。

 

そんな経験をすると、「今度は遅れまい!」との決意をし、試着室に入るや否や急いで着替えを終えてみる。

ところが、今度は待てど暮らせど表からお声がかからない。

 

うーん。おかしい。

と、恐る恐るカーテンを開けるとそこには店員さんはおらず、離れた所で何か他のことをしていたり。。。

 

こんな微妙な気持ちになるのはきっと店員さんも同じはず。おそらく、研修や社内会議では「お客様の試着の際の適切なお声がけのタイミングについて」などというテーマで議論沸騰のことと思います。

 

そんな感じなので、店員さんとお客さんのお互いのために、着替えが終わったら表でランプが付くとか、そんな仕組みもいいかもしれませんね?

  • トラックバック (0)

ちょっとしたアレコレ

2019-5-27 12:45

最近あった、いくつかのちょっとしたこと。

 

【ペーパータオル】

とあるジムのお手洗いのペーパータオル。

使いすぎを防ごうと、次のような注意書きが。

 

「節約のため、3,4枚にしてください。」

 

そうかー。

いつも1、2枚にしていたけど、3,4枚ならまだまだOKかー。。。

 

【図書利用カード】

裁判所図書室にて、とある文献を借りようと、図書利用カードを取り出した。

そこには、2年前の自分の名前が。

しかも、その後、誰も借りていた痕跡がない。。。

 

2行連続で自分の名前があると、次にこれを借りようとした人に

「呉は何度も同じ本を借りているが、まったくもって頭に入っていないから何度も借りるのか?」

と思われやしないか、、、

 

ツマラナイ見栄である。。。

 

【8929】

車を運転していたら、いつも利用する焼肉専門店の車が追い抜いて行った。

ふと、ナンバープレートに目をやると

「8929」

とあった。

 

おもわず。

「ヤキニク!」

とひとり呟いた。

 

あー。食べたいですね。8929!

  • トラックバック (0)

サラダはサラダ

2019-5-22 15:43

飲食店で、サラダを頼むとき、何を基準にしますか?

私はとにかく「野菜だけのサラダ」にします。

サラダって野菜をたくさんとりたい時のためのもの、という認識なので、野菜+お肉とか野菜+海鮮というのはあまり好きではありません。

もちろん、お肉や海鮮が好きでないということではないです。

 

お肉や海鮮は、大好きだから、そもそもサラダ以前にしっかりと注文するので、それで足りない野菜類をサラダでとりたいのです。

 

しかし、最近は野菜だけのサラダって意外とメニューの中でも多くはありません。

きっと、私のような考えよりも、「野菜中心、でも物足りないからお肉もプラス」という希望の方が多いので、その方向けの需要を満たすためにサラダ+αのメニューになっているのでしょう。

 

昨日は、お店のサラダのメニュー4つほどのうち、すべてが野菜+αでした。

なので、サラダは頼まず、トマトスライスと枝豆で野菜をとりました。

 

でもやっぱり物足りなくて、今日のランチでたくさん野菜をとりました。

 

野菜もたくさんとりたいし、でも、お肉も食べたいし。。。

そういう方向けの野菜+αも分かるのですが、私のようなお肉は当然、野菜は別途たっぷりと。というタイプからすると、とても困ったことになるのです。

  • トラックバック (0)

読書量

2019-5-17 12:42

15日のブログでアマゾンのことを書きましたが、本来はここ最近の読書量がふと気になったことがきっかけでした。

改めて確認してみたら、4月からで、合計8冊の本を読んでいたことが分かりました。

一月半で8冊なので割と多かったと言えます。

 

年間通して何冊程度、読むのでしょうか?

その時々のペースに結構ムラがあるので、何とも言えませんが、ひと月4冊だとしたら48冊ですね。

 

もっと読みたい気もしますが、時間的にはこのくらいが限界でしょうか。

 

ところで本を選ぶ基準ですが、

「日ごろから自分が気になっていたことに関する本」

「書評などで気になった本」

を選ぶことが多いです。

 

気になったらネット検索、という時代ですが、それでもやはり書籍の力にかないません。

  • トラックバック (0)

深層心理?

2019-5-15 16:56

ふと、最近、どれくらい書籍を購入したかが気になり、自分のアマゾンのページを開いた。

アマゾンのサイト上には、あらゆる情報が掲載されていて、だけどひときわ自分の気を引くことが書いてあった。

 

・・・

 

「あなたにおすすめの映画・TV番組 忍者ハットリくん」

 

・・・

 

うーむ。。。

これまでアマゾンのサイトどころか、インターネットで「忍者ハットリくん」を検索したことすらないのに、、、

 

どうしてこれがお勧めなのか?

仕事に疲れた時間帯だからハットリくん観てリフレッシュしろということか?

それともハットリくんのように忍術で事件をテキパキ解決せよ、ということか。。。

 

あれこれ気になってしまい、肝心の↑のことは頭から抜けてしまいました。

 

どうして、どうして、今、私には忍者ハットリくんなのか!

誰か教えてください。

それとも、つべこべ言わず、黙って忍者ハットリくんを視聴すれば良いのでしょうか、、、

 

 

 

  • トラックバック (0)

食べたい理由

2019-5-14 19:29

出張でした。

クタクタに疲れ切り、帰りの空港で夕飯を済ませようと考えていました。

 

何を食べて帰ろうか、アレコレ考えました。

野菜たっぷりのラーメンか、最近人気の和食の一品料理屋さんにしようか。。。

 

結果、ガッツリ食べたくて和食屋さんは外し、ラーメン屋さんが第一候補にあがりました。

そこで、ラーメンのことをあれこれ考えるのですが、最後の最後でどうにも気持ち的にしっくりきません。

 

なので再考し、熟考し、結果、「今日は中華(ラーメン以外)が食べたい!」との結論に。

 

そこで中華料理のお店に入り、メニューをじっくり選びました。

メニューを何度も見比べた結果、

➀青菜のニンニク炒め

②マーボー飯

に行きつき、すっかり納得して注文しました。

 

どうしてこのチョイスになったのか、待ちながら考えました。

➀は、ランチで出たお弁当に野菜がまったく入っていなかった反動だと気づきました。

 

では、どうして②マーボー飯なのか?

 

これは食べている最中に答えを見つけました。

先日の連休中に最後の最後に食べた外食が中華料理でした。あいにく、それまでの暴飲暴食のため、その中華料理屋さんでは、単品で少しずつ頼んだだけでたいして食べることができませんでした。

 

その際、一緒だった食いしん坊の方が、

「あー、ホンマここのマーボー豆腐おいしそうじゃわー。お腹いっぱいじゃなかったら絶対に頼んどったのに!なんでこのお店にもっと早く来んかったんじゃろ!」

と岡山弁丸出しで恨み節を言いまくっていたのです。

 

それをさんざん聞いていた私の脳裏に「マーボー豆腐」が焼き付いていて、それが今日の出張帰りに不意に再現したのです。

 

さんざん悩んだのは、こういう経緯があったからなのですね。結果、ランチでの野菜不足と、連休中での恨みを晴らすことに成功し、これから帰路です。

 

体も能も食欲に正直ですね!食べたいからにはワケがある。でした!

  • トラックバック (0)

AIとDNA

2019-5-10 13:56

最近話題のAI。素晴らしい技術です。

いろいろな分野で活躍しているのですが、最近、AIの凄さを身をもって体験しました。

 

というのも、大量に保管されている写真データをクラウドで保管しているのですが、そのクラウドでは、写真の内容を精査して、人物ごと、場所ごと、テーマごとなどという具合に自動でAIが選別してくれるのです。

 

その人物ごとの選別の際に、顔認識技術を用いてAIが選別をしているのですが、その精度向上のため、選別結果の正確性を利用者に確認してくることがあります。

 

具体的には、Aさんの顔と似ている顔を次々にピックアップしてきては、

「Aさんと同じ人ですか?」

と確認してくるのです。

 

当然、同じ人物であれば「はい」をチェックし、異なれば「いいえ」をチェックすることとなり、その蓄積により精度向上を実現しているようなのです。

 

その精度は非常に高く、確認でAIが提示してくる顔写真はどれこもれもAさんになることが多く、「いいえ」をチェックすることは非常に少ないのです。

 

そんな中、この精度向上のためのチェックを繰り返していたら、面白いことがあったのです。

 

➀とある方の長女Bさん(6歳)と長男Cさん(3歳)の顔写真が表示され「BさんとCさんは同じ人物ですか?」と聞いてきたのです。

AIが同じDNAを感じ取ったのでしょうか??

チェック上は「いいえ」を選択しましたが、内心では「BとCは姉弟です!」と勝手に叫んでいました。

 

②また、私の母と叔母の写真が並べられ、やはり同様の確認もありました。これもまた、「いいえ」を選択しつつ、「姉妹です!」との心の叫び。

ついでに言うと、叔母の写真では大きなサングラスをかけていたのに、母との共通性を感じ取っていたのです。

 

もはやAIは写真だけから親子姉弟関係も把握できてしまうようです。

 

この先、ひょっとすると、

➀D男さんとE子さんの写真を並べ、「この二人は交際中ですか?」とか「夫婦ですか?」とかという質問や、

②Fさんの写真を踏まえて、「この人の職業は弁護士ですか?」とかという質問が出てくるようになるかもしれません。

 

さらには、

③Gさんの写真を見て「スイーツが好きですか?」とかという質問もあるかもしれません。

 

さらにさらには、

④Hさんの写真を踏まえて「この人は、お笑いキャラですね?」とかという質問もおもしろいかもしれません。

 

さて。

今後、AIの技術はどうなっていくのでしょうか?

 

 

 

 

 

  • トラックバック (0)
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約