【相談会】8月の相談会について
【トピックス】~お盆休暇のご案内~

法律の庭

裁判所からの和解案を蹴るとその後の心証に悪い影響がありますか?

裁判所は、できれば和解で訴訟を終えたいと考えることが多いともいえます。

そのため、せっかく解決のために和解案を提示したのに、何ら検討もせず、すぐさま和解案を蹴るようだとあまりいい印象は持たれないかもしれません。

ただ、裁判はあくまで判決で白黒つけるものですから、いくら裁判官が和解案を提示したとしても、自分としてはその内容に納得がいかないことをきちんと理解してもらえばその後の裁判に直ちに悪い心証を与えるとは言い切れません。

すなわち、裁判官も人ですから、和解案の提示があった場合にはきちんとこちらも人として向き合って誠実に対応をすることだと思います。

関連記事

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約