【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

不貞相手に公正証書に基づき差し押さえ等をした事案

相談者:30代 女性 女性
夫の不貞が発覚し、不貞相手を特定し、二度と不貞行為を繰り返さないことなどを求める公正証書を作成した。 しかし、これに違反したことから、その違約金等を求めて公正証書に基づく差し押さえを実行した事例。
相手方との間では、不貞行為を繰り返さないためにいわゆる「接触禁止条項」を定め、これに違反した場合に1回あたり40万円の違約金を支払う内容の公正証書を作成していた。 また、後の差し押さえを行えるようにするため、執行受諾文言を付していた。 かかる公正証書を作成した後に、相手方が当該条項に違反したため、差し押さえを実行し、解決した事案。 なお、公正証書に基づく差し押さえに加え、別途、慰謝料の請求を求め提訴しており、こちらも併せて解決した。
公正証書に基づく差し押さえ 成功
差し押さえた債権 相手方の給与
差し押さえにより回収した額 約30万円
訴訟により支払を受けることとなった額 320万円
解決までの期間 約1年
当事者間でしっかりとした内容の公正証書を作成していたので、以後の差し押さえも比較的スムーズに行うことができた事案です。 ただし、相手方は、訴訟の場において、公正証書の効力を争うなどし、また不貞行為も一部否定するなどしたことから、いずれの点についても本格的な争いとなりました。 とはいえ、こちらに有利な証拠が十分に存在したこともあり、最終的には納得のできる内容での解決に至りました。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約