【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

不倫相手から慰謝料などとして約350万円の支払いの合意を得た事案

相談者:50代 男性 男性
妻が不貞行為をしているとの疑いがあり、探偵事務所に調査依頼をした。その結果、複数回に渡り二人きりで過ごしていることの裏付けが得られた事案。
探偵の調査報告書を元に相手方に通知を送った上で不貞の有無についての回答を受けた。しかし、不貞の事実を否認したので関係証拠からすると不貞の事実は明白であると追及を重ねた。 その結果、慰謝料などを内容とする公正証書の作成に応じた。
請求慰謝料など 約350万円
示談の成否 成立
合意内容 提示金額全額の支払い
支払い方法 分割
不貞の確たる証拠として最近は探偵による調査報告書が挙げられます。 ただし、調査報告書は、あくまで男性と女性とが特定の建物に出入りする様子を捉えるものであり、建物の中で具体的にどのような行為に及んでいるかを捉えるものではありません。 そのため、時には「一緒にいたことは認めるが、不貞はしていない」と強弁する相手方も散見されます。 とはいえ、男性と女性とが二人きりで複数回、長時間を共にしているという事実はいわゆる不貞を強く推認させます。したがって、このような証拠をもって不貞の立証は十分に可能です。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約