【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

妻が不倫をした。不倫相手に慰謝料を請求したい。

相談者:40代 男性 男性
婚姻してまだ数年だが、妻が不倫をしたことがわかった。不倫相手も特定できているし、不倫の事実も認めている。離婚するつもりはないが納得いかないので不倫相手に慰謝料を請求したいができるか。 なお、夫婦の間に子はいない。
弁護士受任後、内容証明郵便を送付したが、何らの回答も連絡もなかった。そのため、訴訟に移行したが、裁判所からの呼び出しへの応答もなかった。 裁判は原告の請求を認容する結果となり、相手方からの控訴もなかったため、給与債権を差し押さえた。すると、慌てて相手方から連絡があり、差し押さえた金額を一括で支払ってもらうことができた。
支払いを受けた額 100万円
解決までの期間 約1年6カ月
こちらからの通知などに何らの対応もしない相手方に対しては法による強制的な手続きが重要です。さすがに会社に迷惑をかけられないとのことで請求額の支払いに応じたものと言えます。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約