【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

夫のDVが原因で子とともに逃げて出た。子に対する面会を要求されているが拒否できるか。

相談者:30代 女性 女性
日ごろから夫による暴言、暴力があり、その様子を子も目の当たりにしていた。ある日、ついに耐えかねて着の身着のまま子と共に逃げて出た。 その後、面会の調停などを起こされたが、子も夫に対して恐怖心を抱いているため拒否したい。 なお、離婚自体についてはお互い了解できているが、親権について互いに譲れない。
面会交流の調停、離婚調停、婚姻費用の調停、離婚訴訟などあらゆる調停の手段を通じて面会の可否や親権などについて話し合いを継続した。 しかし、予想以上に子の精神面への悪影響が大きく、面会の実現には至らなかった。 その結果も踏まえ、現時点における面会は不可能との裁判所からの勧めもあり、面会については当面見送る前提で離婚が成立した。
離婚 成立
親権 妻(=依頼者)
養育費 月額4万円
面会交流 当面見送り
解決までの期間 約1年半
お互いに親権を譲り合えない状況の中、次から次へと調停などの手段をとる必要がありました。 最終的には、離婚訴訟の中で、判決前に和解にて親権を譲ってもらうことができました。 子の福祉を慎重に検討した結果、また裁判所を味方にできた結果、得られた結論だと思います。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約