【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

夫から離婚を告げられた。親権も譲らないと言われ、自宅から自分だけ追い出されそうになっている。離婚や親権についてどうしたらよいか。

相談者:50代 女性 女性
婚姻期間は長く、3人の子もいるが、夫はどうやら職場の関係者と不倫をしているようである。それにも関わらず自分のことは棚に上げ、妻に対して子を置いて自宅を出るよう迫って来た。離婚はしてもよいが、親権についてはどうするのがいいのか悩んでいる。また、不倫の問題についてもきちんとけじめをつけたい。
離婚については双方了解が得られたが、親権について双方の言い分が食い違った。3人の子をすべてとるのか、すべて譲るのか、それとも一番下の子のみ連れて出るのかなど慎重に検討したが、最終的にはこちらが3人の親権すべて取ることを主張した。夫には養育能力がないことを調停にて主張し、最終的には親権すべて獲得した。 また、財産分与(実質的な慰謝料としての意味合いも持つ)としても約1400万円の分与を得た。
離婚 成立
親権 すべて妻
財産分与(実質的な慰謝料含む) 約1400万円
解決までの期間 約2カ月半
当初、親権を夫に任せた方がよいのか大変迷われたケースでしたが、いったん親権を譲ると後で取り返すことは相当難しいことを説明し、また(このケースでは)お子様のためには母親と一緒の方がよいことを説得し、親権すべて主張することとなりました。 財産分与については、当初予想しなかった財産が次々に発覚し、相当額をこちらが譲り受けることとなりました。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約