【ブログ - ワタシをミカタに】 本人尋問、証人尋問について
【トピックス】2月の相談予定について

ブログ-ワタシをミカタに

ギリギリ間一髪!

2022-11-11 12:31  執筆:oh

今日は終日、事務所外での業務のため、朝の身支度を済ませた後、勢いよく自宅を出発したところ、自宅から数百メートルの所でスマホとタブレットを忘れていることに気が付きました。出かける前にいつもと違う場所に置いておいたのが原因です。

 

すぐさま引き返し、自宅でこれを取って、再度の出発となりました。

 

もし出先でスマホもない、タブレットもないと気が付いたとしたら?

 

果たして今日という一日が非常に非生産的な悲惨な一日になっていたことでしょう(ノートパソコンは持っていたので出先でWi-Fiに繋ぎ、必要な業務自体は出来ていたと思いますが、、、)。

 

現代社会において如何にデジタル機器に頼っているかを痛感しかけた今朝の出来事です。

 

 

それにしても出発直後に気が付いた自分はえらい!?

 

 

瀬戸大橋からの最高の絶景・パート2

2022-11-5 18:55  執筆:oh

先日、瀬戸大橋からの最高の絶景についてブログに書きました。

https://kakehashi-law.com/modules/blog/details.php?bid=1058

 

そこでは、朝の時間帯と夕方の時間帯のいずれが最高かを書きました。

 

それとは別に、今回は「瀬戸大橋のどの部分からの眺めが一番最高か」について書きたいと思います。

 

前提として、車で渡る場合を想定しています。

 

そして私の中での瀬戸大橋からの絶景は、「朝の時間帯に岡山側から香川側に向けて橋に入り、橋に入ってから櫃石島(ひついしじま)までの区間の東側の景色」です。

マニアックですね。。。言葉にするとこれだけでは全く伝わりませんね。

 

なので解説です。

 

①岡山から香川に向けて橋を渡る際、朝日が左(東)から差し込むこととなります。

②日本の道路は左側通行なので、岡山から香川に向けて走行すると、ちょうど助手席側から朝日が入ります。

③瀬戸大橋は二車線なので、走行車線(第1車線)を走行すれば、すぐ左側の眼下に朝日に照らされキラキラと輝く瀬戸内海と無数の島々と、行きかうフェリーや漁船が広がります。

④また、瀬戸大橋は、一直線の橋ではなく、緩やかに左右にカーブを描いているのですが、櫃石島から先の区間は、カーブが東(岡山側から見ると左にカーブ)になるので、瀬戸大橋が左前の方に緩やかに伸びて行く様子が綺麗に見えます(この区間を過ぎると、眼前に瀬戸大橋が伸びて行く様子を綺麗に見ることはできません)。

⑤結果、助手席側からの綺麗な朝日、眼下の美しい景色、目の前には壮大な瀬戸大橋が一望できるのです。

 

そのため、私の中ではこの景色が本当に一番の絶景で、お勧めです。

 

 

これだけの好条件の揃う絶景ポイント、絶景タイミングはこの瀬戸大橋には他にないと確信しています。

 

たとえば同じ区間を同じ方向で走っても、夕方になると今度は西(右手)から夕陽を浴びることになりますが、右手は反対車線があり、たくさんの車が走ります。その先から夕陽が差し込み、それはそれで綺麗ですが、残念ながら夕陽の照らされた海面の景色は見えません(反対車線があるので)。

 

また、香川側から岡山側に向かって夕方の時間帯に走行した場合であれば、左手から夕陽が差し込み、眼下に綺麗な海面や景色も広がります。

 

しかし、香川側からだと瀬戸大橋が眼前に緩やかに伸びる様を楽しむことはできないのです。橋のカーブの状況がそうなっていないのです。

 

他にも、上記のような複数のポイントを完璧に満たす瀬戸大橋からの絶景ポイントはないのではないでしょうか。

 

少なくとも私にとっては、これが瀬戸大橋からの完璧な絶景ポイントです。

 

 

 

コソコソしない探偵

2022-10-27 15:31  執筆:oh

日々、電話やメールで無数に届く「営業」のご連絡。

基本的にすべての「営業」のご連絡をお断りしているため、電話を受けて営業と感じた場合には即刻「営業ですか?」と確認をしています。

 

しかし、この問いに対して「はい、営業です。」と答える方もほぼ皆無であり、最近では営業とは認めず、「離婚問題の件でご相談なのですが。」などと言い、事務員から私に電話を取り次がせようとします。

当然、ここでいう「離婚問題の件でのご相談」とは、「新しく立ち上げた離婚のポータルサイトへ弁護士事務所を掲載するための「相談」」を意味します。

 

なので、こちらからは「ではご相談者の方のお名前と相手方のお名前を教えて下さい。」と問うと、話が続かなくなるのでそこで営業電話は終了に向かいます。

 

このように、営業電話は素直に「営業」と認めない点、私は好きではありません。

 

どうせ営業なのだから堂々と営業である旨を言えばよいのに。

 

 

そう思っていたところ、今日は玄関口に見知らぬ男性が訪問し、インターフォンを鳴らすと、応答した職員に対して

「探偵の者です。営業で参りました。」

と言うではありませんか。

 

不意な来客と思いきや、正々堂々と「営業」と切り出し正面突破を心がける姿勢にいたく感心しました。 

 

そこで、普段なら職員限りでシャットアウトの営業に、私自身で堂々と対応をしました。

 

 

やはり何事にも正々堂々と立ち向かうのが私は好きです。

 

でも、探偵さんなので普段はコソコソしているはずです。

 

そのコントラストが面白いと感じた出来事でした。

 

 

悩める「口コミ」

2022-10-24 11:51  執筆:oh

Googleやグルメサイトなどあらゆる所で掲載のある「口コミ(レビュー)」。

☆が多い方が高評価ということで、飲食店にしろ、クリニックにしろ、当然、法律事務所にしろこの口コミの☆の数や具体的な投稿の内容を見てお店を選ぶことも多いと思います。

 

この☆の数や点数の付け方、投稿内容に応じたインターネットでの表示上の優先順位はそれぞれの口コミを管理するサイトのアルゴリズムにより複雑な決まりがあるようです。

 

そんな口コミとの付き合い方で悩ましいのが、

 

①☆3.5くらい。ただし、☆3や☆4が大半で、「良くも悪くもない」お店。

②☆4.0くらい。ただし、☆5が大半だが、残るは☆1ばかりという「尖がった」お店。

 

 

①のタイプは平凡な感じを受けるので外れる確率は低いけど、とびっきりな体験や商品提供、サービス提供は期待し難い。

②のタイプは①とは逆に、当たれば「最高の経験!☆5!」になるが、外れるとそれこそ「こんなお店サイテー!☆1すら付けたくない!」となりやすい。

 

 

ちょっとしたランチでも、夕食でも、できれば最高の経験をしたいし、素晴らしいサービスを受けたいものです。

 

しかし、やはり日々のことだからこそ、気分の悪い経験も避けたい。。。

 

だったら無難に、、、

 

そう考えると①のタイプのお店でしょうか。

 

 

 

これはやはり法律事務所でも同じです。ランチや夕食どころか、一生に一度の弁護士選びという方が大半なので、「絶対に失敗はしたくない」と思う気持ちは強くなると思います。

 

なのでこれからの時代、法律事務所の☆についても事務所選びの重要な要素になると思っています。

 

 

 

 

 

行列のできるうどん屋さん

2022-10-13 12:22  執筆:oh

さて、昨日に引き続き今日も香川オフィスの近辺でランチです。

昨日のブログでは定食屋さんに出向いた際の様子を書きました。読者の中には

「香川と言えば讃岐うどん。どうして讃岐うどんのことを書かないのだ?」

と思われた方も少なくないと思います。

 

その理由は、、、

「今日、以前から行こうと思っていた(行列のできる)うどん屋さんに行く予定にしていたから」

なのです。

 

そんな訳で、今日はお昼時の本当に混む前の時間帯に行列のできると有名なうどん屋さんにランチに出かけてきました。

 

今回もスタッフと出向いたところ、(先日と同様に)すでに行列が。

とはいえ、11時30分より前ころに着いたのでその行列もさほどのものではありませんでした。

 

駐車場も無事に確保し、あとは列に並んで食べるだけです。

 

ちなみにこのお店の名物は「かまバターうどん」です。知っている方であればこの商品名を聞くだけでお店を特定できるはずの超有名店の超有名な名物です。

 

私は迷わずかまバターうどんを頼み、スタッフも迷いつつも同じ名物を頼みました。

 

数分待って登場したその名物は、ゆで上げられたばかりのふわふわと柔らかく優しいうどんと、その上にかけられたたっぷりのブラックペッパー(粗挽き)と脇に添えられた一片のバター。これに生卵を載せて醤油をかけたら一気に混ぜます。

 

うどんの熱気に乗せられてふんわりとバターの風味がひろがります。そのあとをブラックペッパーが追いかけてきて「俺は優しいだけじゃないんだぜ」と引き締めてくれます。

 

それでもやはり醤油の甘さと卵のマイルドさもあり、全体的にまろやかかつクリーミーな味わいでした。

 

そんな名物を求めて次から次へとお客さんがやってきて、店内は「かまバター合戦」とでも言えそうな雰囲気に。

 

猛者は慣れた口調で「かまバター大」を頼み、店員さんから「3玉分ですが構いませんか?卵は2個付きます。」と確認を受けていました。平然とうなずき、届いたかまバター大は見たことないような大きな器に、うどんがてんこ盛りに盛られ、卵は2個、バターは一片ではなく、3片ほどはあったでしょうか。

 

醤油をグルグルグールグールグルと回しかけて、美味しそうに堪能されていました。

 

 

あー。かまバター。

 

一気に虜になりました。

 

***

本日お邪魔したお店は、、、

手打十段うどん バカ一代さんでした。

https://g.page/udonbakaichidai?share

 

うどん小で一玉分ですが、普通のうどん屋さんの一玉よりも多めと思います。

とすると、、、

うどん大は???

***

 

 

 

行列のできる定食屋さん

2022-10-12 12:35  執筆:oh

香川オフィスの近辺でランチにちょうど良さそうな定食屋さんを見つけました。

今日、スタッフと一緒に出向いてみたところ、美味しそうな魚や玉子焼き、総菜がびっしりと並んでいます。入口には大きな竈もあって、炊き立てご飯を楽しめそうです。

 

期待を胸に、列に並び、好きな総菜を物色しながらお盆を持って前へと進みます。

右には焼き魚が、左にはお刺身や小鉢類が、さらに進むと揚げ物や煮物が所狭しと並んでいるのです。

当然、一方通行の列なのですが、余りに目移りしてしまい、若干、行きつ戻りつをしながらゆるゆると前進を続けました。

 

「もうお盆に乗り切らないよ!」というくらいおかずを載せたら最後の難所、ご飯どころ、汁どころです。当然、ここを通らずして今日のランチは完成しません。

 

ところが、最後の難所はこれまで以上にハードルが高く、なんと、汁ものだけで2種類(秋のキノコ汁、わかめの味噌汁)、ご飯ものは3種類(白ご飯大中小、鶏飯、栗おこわ)も用意があるのです。

 

最後の最後で迷いに迷って白ご飯とキノコ汁に決めました。スタッフは栗おこわと味噌汁をチョイスしていました。

 

おかずとご飯や汁をすべて選び、お会計を済ませてテーブルにつきました。12時前に出向いたのですが、すでにほぼ満席の大盛況でした。

 

 

何とか席を見つけ、箸を進めましたが、どのおかずも手が込んでいてとても美味しく頂きました。とくにサバの塩焼きは最高でした。炭火でじっくり焼かれていて、身は柔らかく、ジューシーかつ味わい深かったです。

 

スタッフは栗おこわを本当に美味しそうに食べ、途中で私のサバの塩焼きを横取りし、本当に満足そうにしていました。帰りがけや、事務所に戻ってからも「おいしかったおいしかった」と連呼していたので、「何が一番おいしかった?」と尋ねたところ、「サバの塩焼き」と即答していました。

 

今度はまた違う料理も楽しみたいと思いました。

 

 

ごちそうさまでした。

 

***

本日お邪魔したお店は、、、

海鮮食堂おくどさんレインボー店さんでした。

https://goo.gl/maps/EaD4svrfRhLuXfPM6

 

二人で計2600円も食べてしまいました。。。

***

 

秋冬の準備

2022-10-11 16:26  執筆:oh

急激に寒くなりました。

つい先日は照りつける太陽を感じていましたが、ここ数日で一気に変わりました。

空気は冷たく乾燥し始め、気を付けないと体が冷えていることがあります。喉も注意です。

 

慌てて秋冬ものを準備しました。

 

①秋冬用のカーペットを敷く

②加湿器を出す

③扇風機を(掃除して)しまう

④オイルヒーターを出す

 

④はまださすがに早いですが、勢いでもう出しました。

 

とりあえず、②加湿器をセットし、使い始めてみたらなかなか良い感じです。やはり室内の空気の質が変わりました。喉や肌の調子が良いようです。

 

なので当面、加湿器は付けておくようにし、もっともっと寒くなったら今度はオイルヒーターを付けるようにしようと思います。

 

何でも早め早めの備えが大切だと思っています。未然に予防し、体調不良を起こさないようにしたいと思います。

電話対応の極意

2022-10-5 16:32  執筆:oh
 
法律事務所で働いていると毎日、多くの方とのコミュニケーションが生まれます。
 
電話やメール、面前などでのやりとりが主で、ここ最近ではオンラインでのコミュニケーションも相当増えましたし、LINEでご相談やご依頼のことについてやりとりすることも頻繁です。
 
 
どのコミュニケーション方法もそれぞれ異なる特徴がありますが、やはり一番しっかりとしたコミュニケーションがとれるのは面前でのコミュニケーションです。その次がオンラインでしょうか。
 
 
さらにその次となると結構難しく、古典的なツールとしての電話は手軽で便利ですが、実は結構、難易度の高いツールだと思っています。
 
 
その他、メールやLINEは書類を送ったり、文面が形に残ったりするメリットが大きいものの、同時双方向的な利用には向いていません。
 
 
 
 
当事務所でも当然、これら各コミュニケーション方法を適宜選択し、日々の業務にあたっていますが、上記の通り、電話というツールは非常に難易度が高く、うまく使いこなす(もしくは通話者とうまく意思疎通を図る・通話者に満足してもらう)には相当程度の「技術」「経験」「センス」「気合」がいります。
 
 
それでも避けて通れないツールなので、自ら技術を磨き、経験を積み、センスを磨き、気合を入れるしかありません。
 
 
 
そんな中、当事務所の一番のホープ職員がこの度、電話対応をもってしてご相談のためにお電話を下さった方から心からの感謝をしてもらえました。
 
 
 
実際にはご相談には至らなかったのですが、お電話口での対応が素晴らしく、とても「癒された」と仰ってくださり、そのお礼としてわざわざ事務所まで足を運んでお品をお持ちくださったのです。
 
 
 
 
それなりの年数、弁護士をし、相当数の電話対応をしてきた私でもここまでの感謝とお礼を頂いたことはなく、今日は本当に本当に驚きました。
 
 
 
同時に、一番のホープがここまでの技術と経験をわずかの期間で積んでくれたこと、類まれなセンスと気合を持ち合わせていることも嬉しく思いました。
 
 
 
今後は私自身も技術と経験をさらに積んで、電話でのコミュニケーションにて「大満足」を得られるよう努力をしようと思います。
 
 
 
 
 
とはいえ、実際の電話対応の際には、何やら「干支」について語り合う様子があったのですが、果たしてこのことが「大満足」の理由なのでしょうか。電話口で「あなたは犬」「呉弁護士は未」などという会話が聞こえたので、不思議に思っていましたが、後でお聞きするとこれが結構、大切なポイントだったようです。
 
 
 
 
 
いずれにしてもこの度お電話を下さり、感謝とお礼のために事務所にご足労下さった方には深くお礼申し上げます。
 
「電話対応の極意」でした。
 

暑いような涼しいような

2022-10-4 10:08  執筆:oh

10月に入りました。気持ちの上では「秋到来!」というところですが、実際の天気はまだまだそうではないようです。

日中は日差しもかなり強く、気温も30度を超えることもあります。

とはいえ、朝晩は多少涼しくなり、エアコンの使用頻度も落ちてきました。

そのため、寝るときには以前ほど「エアコンガンガン」ということもないのですが、それでも暑いときにはエアコンをつけたり消したりしています。また、かける布団もその時々によりけりです。

このように気温が日によっても大分違うので、ここ最近、寝つきが良かったり悪かったりしています。

 

昨夜はどうにも暑かったのか、寝る前にエアコンを付けて寝るときには消したものの、暑かったのかいつまでもベッドの上でゴロゴロしていました。

ゴロゴロしているうちにそのうち寝付くかと思いきやなかなか寝付けず、かと言って再びエアコンを付けるほどでもないなと思ったりしていました。

 

結局、途中で暑さのために床に下りてゴロゴロしていたら、これが気持ち良かったのか、スッと寝付けました。

 

何だかこんな調子で、日によって暑いような涼しいような状況がしばらく続くのでしょうか。

怒涛の一日

2022-9-30 19:36  執筆:oh

4月に香川オフィスを開所した際に、高松市内のとある賃貸物件をお借りしました。実はこの物件は言わば「仮のオフィス」という状況であり、ゆくゆくは自社でしっかりとした物件を借りて「本当のオフィス」を設ける予定でした。

そのような予定の中、4月以降、物件を探し、偶然にも最善の物件に出会い、内装工事を進めていました。

そして今日、念願の引き渡しに至り、以後、新しい物件にて今後の事業展開を行うことが可能となりました。

 

その引き渡しの今日、実は最後の作業が多数残っていて、電話回線の引き込み、光回線の引き込み、複合機の搬入と設定、電話機の設置と設定、セコムの工事と設定などをまとめてお願いしていました。

 

私も立ち合いのために新しい物件で控えていましたが、通常業務として1件の新規のご相談、1件の面談、3件の電話ないしWEBでの裁判期日がありました。

 

このような通常業務の中、工事等の立ち合いもし、入れ代わり立ち代わり多くの業者の方が来訪し、本当に大変な一日でした。

 

今、夜になってやっとすべての工事が完了し、後は片付けて帰るだけなのですが、日中の余りの多忙さなどのため、どうにもすぐに帰宅する気力もありません。

 

それくらい今日は怒涛の一日でした。

 

とはいえ、関係各社のおかげで無事に10月1日から香川オフィスは新しい物件で稼働ができそうです。

 

また新しい物件での事務所の雰囲気などはWEBに公開しますのでご欄頂けたらと思います。

 

では、あと少し、頭をリフレッシュしたら帰宅しようと思います。

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約