【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

ブログ-ワタシをミカタに

ひなか?親か?はたまた?~丸亀骨付きどり一鶴の美味しい楽しみ方~

2022-6-17 16:31  執筆:oh

久しぶりに香川県丸亀市に本店のある「一鶴」の骨付き鳥を食べました。

ご存じの方も多いと思いますが、そうでない方に向けて説明すると、

 

①このお店は骨付き鳥もも肉の丸焼きがウリのお店です。

②「親」と「ひな」から選べます。言わずもがな、親は噛み応えばっちり、ひなはやわらか、です。

③スパイシーな味付けがあと引くうまさで、ビールやごはんが進みます(というか、止まりません)。

 

そんな一鶴ですが、永遠のテーマが「親かひなか」の論争です。要するに、親派とひな派で好みが分かれるので本当においしいのはどっちなのか、一番人気はどちらなのかということです。

 

毎回、一鶴を食べる度に、皆に聞きますが、依然として「どちらが優位」かの判断はつきません。聞くに「親が好きだけどひなも捨てがたい」とか「普段はひな中心に頂くけど、忘れたころに親を食べるとこれもこれで、、、」とかという声を聞くことが多いのです。

 

一鶴は香川県に複数店舗、あり、県外にも横浜、大阪、博多に店舗を構え、全国に向けてお土産発送もしているくらい人気があります。とはいえ、主力メニューは「親」「ひな」の2商品で、あとはちょこちょことしたおつまみ類があるくらいです。

 

それでもこれだけ長く流行っているのは、きっと、この「親派かひな派か」のある意味、永久に答えの出ない「論争」があるからだと思っています。

言い換えると、親がひなを引き立て、ひなも親を引き立てるという構図になっており、いつ食べても美味しく、またいつまでたっても忘れられない味になっているのだと思うのです。

 

往々にして長く続く人気のドラマや映画では、悪役や脇役が主役を引き立てるように、話題が展開し、それが長続きやヒットの原因であったりします。きっとこの一鶴についても、親とひなが同じ関係にあるのでしょう。

 

シンプルながら長く愛され続ける丸亀骨付き鳥の一鶴。

ぜひみなさんにも味わって頂きたいと思います。

 

なお、私は何をなんと言おうと、「親派」です。とはいえ、やはり、、、ひなも絶対に注文してしまいます!

 

(なぜか今日はグルメレポート風ですね。念のために一鶴のHPのリンクを貼っておきます。)

https://www.ikkaku.co.jp/index.html

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス:https://kakehashi-law.com/modules/blog/tb.php/1062

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文

コメント一覧

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約