【ブログ - ワタシをミカタに】 兵庫・尼崎市の個人情報紛失事案とその刑事責任について
【トピックス】7月の相談予定表を公開しました

ブログ-ワタシをミカタに

弁護のスタンス

2022-1-28 16:45  執筆:oh

弁護士になって14年目です。この間、幾多の事件を受けて来ました。

経験を積み、年を重ね、人間としても弁護士としても年輪が深まってきたように思います。

私は、弁護士の仕事は弁護士自身の「生き様」だと思っています。どういう生き方をしたいか、どういう価値観を持っているか。不正に切り込みたいのか、被害者に寄り添いたいのか、その他諸々。

そのため、弁護のスタンスには弁護士の生き様が反映されると思います。

私の場合には、「常に冷静」「端的かつ明朗」「すぐに行動」などが良く言われるところだと思います。

依頼者の方は困難に直面し、困惑、狼狽していることも少なくありません。そんな時に少しでも安心し、少しでも落ち着いて帰ってもらえるよう、私自身は冷静沈着を保ちます。結果、冷静なアドバイスや対応を受け、依頼者の方も落ち着きを取り戻せるのだと思います。

 

また、複雑な法律用語や解釈を難しく伝えても当然、依頼者の方には届きません。これは相手方に対しても同様です。それゆえ、端的かつ明朗を心掛けています。

 

さらに、抱えた困難に対して少しでも早い解決を目指します。これは、少しでも早く楽になって欲しい、少しでも早く平常な生活に戻って欲しいからです。

ご予約の際にも可能な限り最短でのアポとし、ご依頼案件も可能な限り事を進めます。

 

こうした弁護のスタンスは、まさにこれまでの経験と、自分自身の生き様から出来上がりました。

トラックバック

トラックバックpingアドレス:https://kakehashi-law.com/modules/blog/tb.php/1025

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文

コメント一覧

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約