【ブログ - ワタシをミカタに】 弁護士になるために必要な「二度の試験」
【トピックス】弁護士加入のお知らせ

相談事例及び解決実績

【インターネットにおける誹謗中傷対策事例】

名誉棄損の投稿者に対して損害賠償と謝罪文の掲載を求めた事例

相談者:40代 男性 男性
発信者情報の開示請求の結果、名誉棄損投稿の投稿者が開示されたため、損害賠償と謝罪文の投稿を求めて提訴した事例です。
投稿者の特定後、相手方の態度に納得が行かず、裁判を起こすこととしました。 訴状では、損害賠償のみならず、名誉回復措置の手段として謝罪文の投稿を求めました。 その結果、相手方から早期の解決を希望する旨と、謝罪についての意向が示されました。 依頼者はこれを受け入れ、訴外和解が成立しました。
求めた内容 損害賠償と謝罪文の投稿
相手方の反応 いずれも応じる
解決までの期間 約4カ月
名誉回復措置のため、損害賠償のみならず謝罪文の投稿を求めることが可能です。

本件では、訴訟提起の結果、訴状を受け取った相手方がこちらの主張を全面的に認める内容での訴外和解が成立しました。

名誉回復措置としての謝罪文の投稿を早期に実現した事例です。

【関連事例】

爆サイ.com宛てにIPアドレスの開示を求め、その回答を得た事例
順序として、投稿者の住所氏名の開示の前提として、爆サイ宛てに投稿者のIPアドレ...
「チョン」「チョンコウ」との投稿が発信者情報開示の対象となるか
爆サイに、「チョン」「チョンコウ」との投稿をされ、侮辱を受けた依頼者が、経由プ...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約