【相談会】6月の無料相談会は23日に実施します。
【トピックス】受任分野につき、動画での説明を加えました。

受任分野

刑事事件

被疑者、被告人

突然、警察がやって来て警察署への同行を求められた。事件を起こして逮捕されてしまった。そのような場合には、早急に弁護士を依頼することが重要です。早急に依頼することで速やかな示談を実現し、早期の釈放を目指します。

また、昨今絶えない冤罪事件の場合には、無罪獲得に向けての活動が重要です。警察に、不利な供述をしてしまった、自白をしてしまった場合にも弁護士に依頼しているかどうかでその後の結論に重大な影響が生じます。

逮捕された場合には、まず弁護士に相談してください。また、逮捕後の勾留の期間ですが、10日間が基本です。ただし、必要に応じて延長が可能となっており、最大で20日間の勾留となる場合も少なくありません。会社を無断欠勤することになったり、その後の身分のことを考えた場合には、弁護士に依頼し、会社や職場に連絡をとってもらいましょう。架け橋法律事務所では、被害者との交渉のみならず、会社や職場との連絡調整も積極的に行います。これにより、会社や職場に事件のことを正しく理解してもらい、その後の職場復帰を容易にします。

TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約