【相談会】4月の香川無料相談会は27日に実施します。
【トピックス】5月の相談予定表【呉裕麻分】

当法律事務所について

当法律事務所について

弁護士法人 岡山中庄架け橋法律事務所は、岡山合同法律事務所で5年間の弁護士経験を経た弁護士呉裕麻が、2013年9月に新たに開設した法律事務所です。(岡山弁護士会所属)

これまで担当してきた数々の困難な事件での経験をもとにして、「問題解決の架け橋になることを目指した法律事務所」をモットーにしています。

事務所名の由来

ハンセン病療養所の長島愛生園と邑久光明園とを結ぶ、邑久長島大橋が人権回復・人間回復の象徴とされたことに重ね合わせています。国のハンセン病隔離政策の酷さを知り、正義のために力になりたいと考えたのが弁護士を目指した動機の一つですが、長島愛生園・邑久光明園と本州の間には、昭和63年にやっと橋が架けられました。この橋は「人間回復の象徴」と言われ、架け橋法律事務所も正義のために力になりたいとの思いから、「架け橋」という名称を選びました。
また、在日コリアンとして日韓の架け橋になりたい、弁護士としてトラブル解決の架け橋になりたい、岡山と香川を結ぶ瀬戸大橋のように人や地域を結ぶ役目を担いたい、との気持ちも名称に込められています。

主な業務地域

岡山市、倉敷市、総社市などの県内各地をはじめ、香川県全域との連携も深め、県内外を問わず幅広い活動を目指します。特に、香川県内においては、毎月1度の無料定期相談会を実施しており、弁護士が必要だがまだまだ敷居が高いと思われている方々や、弁護士があまり積極的に受任しないような事件についても相談、受任対応をしています。

当法律事務所のスタイル

必要とされるのであればどこでも行くことを心がけ、またインターネット社会が進む中、ネットを通じた各種犯罪や詐欺被害が横行していることにも着目し、被害救済に向けて積極的に活動しています。

事務所の内装は、従前のいわゆる「事務所」という雰囲気にはせず、カフェのような雰囲気を目指しています。家具は、カリモク家具株式会社や株式会社イールドインテリアプロダクツによる木製のものを用い、相談者の方がリラックスできる雰囲気を心がけています。アロマやハーブティも用意しており、トラブルを抱えた方が、事務所に来てもらうだけで少しでも楽になれるような雰囲気を目指しています。

  • 当法律事務所について
  • 当法律事務所について
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約