【相談会】2月の無料相談会は26日に東香川で実施します。
【トピックス】2月の相談予定表を更新しています。

相談事例及び解決実績

【 交通事故事例】

信号待ち中に後ろから追突された。首、腰が痛く通院した。一応治療は終了したが、その後保険会社からの提示があったがどうしたらいいか。

相談者:20代 女性 女性
赤信号で停止中に後ろから追突された。 首(頚椎捻挫)や腰(打撲)などと診断され、通院をした。一応、後遺障害とはならなかったので治療を打ち切った。 相手方保険会社からは、当初約67万円の賠償額の提示がなされたが納得がいかないので弁護士に相談。
相手方保険会社の提示内容は、傷害慰謝料の金額が低額だったことから弁護士受任後、その増額を提案しました。 相手方保険会社からは、事故態様や物損の状況などからするとそこまで重い事故ではないという趣旨の説明もありましたが、被害者の方の状況から考えるべきと交渉しました。 その結果約90万円での示談となりました。 弁護士費用については弁護士特約を活用したため、ご本人に全額賠償額をお渡しすることができました。
当初提示額 約67万円
示談額 約90万円
過失割合 0:10
解決までの期間 約1か月
傷害慰謝料は、ケガの部位、程度、入通院の期間に応じて差違が生じます。 ただし、相手方保険会社は、自社の内部基準や、自賠責保険との兼ね合いを常に考慮します。 そのため、保険会社から提示される賠償額のうち傷害慰謝料は、弁護士が介入して交渉するか否かで金額に違いが出てきます。 どうしても本人対応では金額に限界があると言えます。 また、弁護士特約を活用すれば本人負担なく弁護士に依頼ができて便利かつお得です。

【関連事例】

本線道路を走っていたところ、突然、右側側道から相手方車両が本線に出て来てぶつけられた。相手は、過失を3:7とこだわるが、納得がいかない。
事故状況に照らすと、相談者の車が優先であること、相手方の車は加速するようにして...
信号待ち中に後ろから追突された。首、腰が痛く通院した。一応治療は終了したが、その後保険会社からの提示があったがどうしたらいいか。
相手方保険会社の提示内容は、傷害慰謝料の金額が低額だったことから弁護士受任後、...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約