【相談会】2月の無料相談会は26日に東香川で実施します。
【トピックス】2月の相談予定表を更新しています。

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。

相談者:30代 女性 女性
数年前から夫の帰宅時間がやたら遅くなったので不審に思い、行動をチェックしたら会社内で不倫をしている様子がうかがわれた。携帯もチェックしたが、その女性とのやりとりが見つかった。 しかし、ホテルに入った痕跡等まではなかった。 女性にも直接追及したが、白状しなかった。 それでも行動がおかしかったので探偵に調査を依頼すると、夫が女性のアパートに出入りしていることが発覚した。 その後、夫は自宅を出てその女性との同棲生活までするようになった。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつかず、訴訟に移行した。 訴訟の中では夫が女性と行動している状況や、女性の部屋に出入りしていることの探偵による調査報告書を書証として提出するなどした。 女性に対する徹底した追求の結果、夫が妻に慰謝料を支払う形での和解が成立した。
獲得した慰謝料 400万円
解決までの期間 10カ月
不貞による慰謝料は、本来は夫とその不倫相手の双方に請求できますが、本件では女性に対してのみ請求しました。 結果的には、夫が女性の慰謝料を肩代わりする形での解決となりました。 証拠としては探偵による調査報告書は非常に効果的と言えます。 裁判の証拠としてはこのような探偵による調査報告書のほか、メール、LINE、写真、手紙、日記、プレゼントのレシート、カーナビの履歴などが有効です。

【関連事例】

夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約