【相談会】西日本大雨大災害のご相談
【トピックス】10月の相談予定表について

相談事例及び解決実績

【離婚、不倫等事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。

相談者:40代 男性 男性
離婚時に、子2人の養育費として月額計10万円(ひとり5万円)という内容の合意をした。 しかし、離婚後に再婚し、収入も下がるなどしたため、到底約束の額は支払えない。 減額してもらうためにどのような方法があるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料とともに提出。 また、双方の扶養家族の人数なども考慮の上、現時点における適切な金額を算定した。 その結果、当初の約束額はあまりに高額であるとして、月額計約1万円とする内容で合意が成立した。
当初の養育費 月額計10万円
調停による合意額 月額計約1万円
解決までの期間 約3カ月
離婚時に当事者間で養育費の合意を交わすケースは比較的多いようです。 しかし、離婚に応じてもらうための条件として、収入に比較して高額な養育費を定めるケースが多くなっています。 そのため、離婚後に養育費の支払いが困難となり、減額を求めることがあります。 その場合には、①現在の双方の収入、②扶養家族の人数や年齢といった事情を考慮することとなります。 本件ではこれらの点を詳細に主張し、大幅な減額に至ったものです。

【関連事例】

離婚時に決めた養育費の額が高すぎる。減額の方法はあるか。
養育費減額請求調停を申し立て、再今後の収入状況、家族状況などを裏付け資料ととも...
夫が不倫をしているとの疑いがあったので、相手の女性に追及したがしらばっくれられた。どうしたら慰謝料を請求できるか。
女性に対し、内容証明郵便を送付し示談交渉を持ち掛けたが、金額面で折り合いがつか...
TOPに戻る
お問い合わせご相談・来所予約